ひと息ばなし

column

はっぱイラスト はっぱイラスト

2014.10.14

御嶽山の噴火で大参事の王滝村役場を訪ねて

毎日、新聞、TVのニュ-スで報道し続けている御嶽岳の噴火は、
これからの山登りに、いくつもの課題を投げかけています。
実は当社は、災害にあった御嶽頂上山荘、剣ヶ峰頂上山荘、王滝頂上山荘と
一昨年から工事をさせて頂いていたのです。
今日は、まだ8人程の行方不明な方がいる中、当社の社長、この工事に携わった太田代理人と私の3人で
王滝村役場と山小屋のオ-ナ-であるAさんにお見舞いに行ってきました。
Aさんと社員のTさんは御嶽神社の社務所の工事に携わっていましたが、
再開もままならず天災ならぬ災害に大変戸惑っておられました。
また王滝村役場は、多くの方で騒然としていました。
村長さんは、これからのことを危惧されていて、
私たちは本当にこんな時どのようにお慰めしていいか、どんな言葉をかけたらいいのでしょうか。
今回は会社として、義援金、災害お見舞いをお渡しして参りました。
担当のMさんと応接間でお話ししていると、御嶽観光開発の山小屋の支配人さんのSさんが会いに来て下さいました。
噴火当時のお話や、今の状況をお聞きし、更に
またこの探索はご苦労頂いている自衛隊や消防、警察の方々に頼るしかないことをつくづく感じてまいりました。
御嶽山の良く見える場所に、献花台が設けられておりました。
御嶽山のたなびく白い噴煙が、秋空に生えていて、
献花台のそばに咲く紫の野菊が可憐に揺れていました。
ダムの水は、穏やかな水面に美しい山々を映して・・・。
亡くなった方のご冥福と、今後の王滝村の方々の幸福を祈りつつ、
美しい村を後に致しました。

完成見学会情報event

閉じる